みんなが仕事を辞めたい理由ランキング1位~5位

厚生労働省の平成26年雇用動向調査結果によれば、
仕事を辞めた具体的理由を見ると
次のようなランキングになっています。

以下のランキングは男性を中心に行ったものですが、
各退職理由の割合について女性とかなり相違があります。
男性と女性の価値観の違いを考える上で興味深いところです。

 


  • 1位 労働時間等の労働条件が悪い 男性10.4%女性15.2%
  • 2位 収入が少ない 男性10.1%女性8.3%
  • 3位 会社の将来が不安 男性8.6%女性3.5%
  • 4位 会社都合 男性7.9%女性7.3%
  • 5位 職場の人間関係 男性7.8%女性11%

 

このほかにも、
仕事の内容に興味を持てず(男性6%/女性5.6%)、
能力・個性・資格を生かせず(男性4.6%/女5.1%)
が目立ったところです。

リクナビNEXTの「上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」
みたいな抽象的解答項目よりも、むしろリアルな感じがします。

この結果を見て驚いたのは「会社の将来が不安」「会社都合」
退職理由のベスト5にランキングされていたことです。

ようするに会社なんて「いつ潰れるかわからない」と思われているわけですし、
「会社都合」に至っては、自分が仕事を辞めたいから辞めたわけでもないわけですから
とんでもない話です。

会社に頼るよりも自己防衛を

この結果をみてわかることは、仕事を辞めたいと思うような会社は
「労働条件が悪いくせに賃金が安く、いつ潰れるかわからない上に
クビになるかもしれない人間関係のよくない職場」
という構図が描けるということです。

まぁ会社なんて大体そんなものです。
仕事を辞めたいと思うのも無理からぬことです。

自分の場合でも、上記に見事に当てはまるブラック企業に
一時在籍していたこともありますから他人事ではありません。

ある日突然クビを言い渡されたのですが、
その理由が「オマエが気に入らない」ということだけ。
部門では一番仕事をこなしていたのに不思議ですね。

 

繰り返しますが、まぁ会社なんて大体そんなもんです。

これに対抗するにはどうすべきか?

知恵を使って会社に頼らず自分で稼ぐ力を身に付け、
自分で自分の居場所を作り出すしかありません。

 

ちなみに自分をクビにしたブラック企業はというと、
いま息も絶え絶えに辛うじて営業しているそうです。
「天網恢恢疎にして漏らさず」とはよく言ったものですね。

sponsored link