今の会社の仕事を辞めたい40代の方へ。

現在の40代というと、
ほとんどがバブル崩壊後世代といえます。
就職氷河期を体験したのもこの世代ですね。

そんな状況を乗り越えてせっかく生き残ってきたのに、
仕事が嫌になって会社を辞めたい
という人が増えているようです。

40代男性の95%が退職予備軍

“はてブ”のなかのあるブログ調査の結果を見ると、
「仕事が好き」と答えた40代は男性5%・女性22%。
つまりほとんどの40代男性が、ある種退職予備軍になっているわけです。

あるブログによれば、
「自分の人生はこれでいいのだろうかという思い」や
「出世したはずなのに給料が上がらない」などが
40代で会社を辞めたい主な理由としています。

 

ただ辞めたくても辞められないというのもまた事実。

その代わり「今まで通りにしちゃう」か
「意にそぐわないと思い始めた仕事から自由になるため、
外に出られる能力やお金を得ようとする」か
「根本的に自分と向き合う自分探し」(出典:STORYS.JP)
のいずれかを選ぶようになります。

確かに割りきって仕事をしてしまえば、生活は安泰。
休日を充実させればストレスもなんとか解消できそう。

一人でできる仕事を始めれば、いずれ脱出の機会に恵まれるかも知れません。

各種講座などでの自分探しも悪くはありませんが、
一歩間違えるとスピリチュアルな世界に迷い込みそうなので要注意です。

40代の転職は正直言って絶望的

じゃぁ会社を辞めたい40代に「転職」という選択肢はないのかといえば、
これはまずありません。

企業にしてみれば、
「人件費が高い」「再教育が難しい」
「年齢的な体力の衰え」「現実の仕事の能力が不明」
など不安要素が満載だからです。

よほど特殊な能力か引く手あまたの資格、
あるいは豊富な人脈や得がたい経験がある
などでなければ40代の転職はかなり難しいでしょう。

リストラされてハローワークへ職業相談にいったある中年男性は、
どんな仕事ができるかの質問に対し「部長ができます」と答え
担当者を絶句させたそうです。

これは極端な例ですが
40代サラリーマンのイメージというのはだいたいこんなものかと思います。

 

そうなると、割りきって仕事を続けるか、
会社以外に一人でできる仕事を見つけるか、自分探しに活路を見出すしかありません。

 

ここでオススメするのが、一人でできる仕事をはじめることです。

割りきって仕事をしてもやはりストレスはたまりますし、
自分探しは変な道に迷い込みかねません。
やはり会社に頼らず自分で稼ぐ力を身につけるのが一番です。

sponsored link