ブラック企業とは? 定義と判定基準を説明

sponsored link



現在、ブラック企業の定義というものは
公式には存在しませんし、
厚生労働省はなぜかブラック企業を
“若者の「使い捨て」が疑われる企業等”という
回りくどい表現をしています。

そこで「これぞブラック企業」といえる
定義や判定基準を考えてみることにしました。

人的資源の浪費をするのがブラック企業である

まず厚生労働省が労働者や事業所向けに作ったリーフレット
「働く人が活躍しやすい職場環境を目指して」によれば、
改善すべき課題として
「長時間労働・過重労働」「賃金不払い残業」「職場のパワーハラスメント」
の3つが挙げられています。

確かにこれはブラック企業かどうかを判定する基準のひとつですが十分とは言えません。

上記の3つに加えて自分なりにブラック企業を定義するとすれば、

  • 基本的に人材は使い捨てだと思っている
  • 使い捨てだから育てるつもりは毛頭ない
  • 会社の利益しか考えないから従業員の待遇が極端に悪い
  • 給料、休暇、労働時間、福利厚生に問題があるからすぐに社員が辞める
  • すぐに社員が辞めるからいつも募集をかけている

というようなことを繰り返している企業だといえます。

結局は経営者の人格に問題がある

こうした考えがはびこるのは、
勤労は美徳とする日本的労働観がいまだ企業に根強いことや
経営者の根本的な人格に由来するコンプライアンス意識の欠如があるからです。

これではいくらブラック企業の判定基準を作ったところで改善されるはずもありません。

またブラック企業の問題が、とくに新卒採用者を中心に起こるのも
これらの企業の考え方と大きく関係しています。

ブラック企業の定義や判定基準もよくわからない学生を相手に、
希望を持たせるような甘い言葉で誘ってくる。

ところが一度採用したら、釣った魚に餌はやらないとばかりに安い給料で仕事を押し付ける。

何も知らない新卒学生は、それが当たり前だと思って一所懸命に働く。
ところが途中でブラック企業の判定基準に引っかかっていることに気づき、
会社を辞める道を選ぶ。

さもなければ結局行き着くところは過労死か鬱病の発症で、
人生そのものが崩壊という結末。
これじゃぁ救われないですよ。

 

ではどうすればいいのかといえば、会社に頼らず自力で稼ぐ道を探すしかありません。

それともあてもなく飛び出して生活の不安を抱えるか、
ブラック企業に居続けて身体と心を蝕まれるか?

その決断はあなた次第ですが。

sponsored link