もしブラック企業に入ったらすぐに転職すべきか

sponsored link



入社した先がブラック企業だった場合、
すぐに転職すべきかどうかは非常に難しい問題です。

新卒採用なのか、中途採用なのかによっても
答えは違ってきますし、
「すぐに」をいつまでと考えるか
にもよっても意見は変わってきます。

ブラック企業を見抜けなかった代償は大きい

新卒採用の場合、たとえ勤めた先がブラック企業だったとしても、
就職活動に費やした時間を取り戻すことはできませんし、
何よりも一度しか使えない「新卒カード」を切ってしまったのですから後悔先に立たず、です。

いくらブラック企業とはいえ、せめて1年は我慢して働かなければ、
第二新卒としてエントリーすることは難しい
でしょう。
就活期間中にブラックだったことを見抜けなかった代償は大きいということですね。

 

では、中途採用で雇われた先がブラック企業であった場合はどうするか?

これはケースバイケースですが、
すぐにでも転職先を探すというのもベターな方法のひとつです。

自分の場合、聞いた給料と実際の給料が違っていたブラック企業から、
わずか半年足らずでかなり大手の企業に転職したことがあります。

これは非常に幸運な例で、本来なら半年も勤めずに転職活動をするなどは、
典型的なジョブホッパーと思われても仕方ないところでした。

転職には大きなリスクが伴う

danger

そして転職でなによりも危険なのは、
ハローワークや求人サイトで魅力的な求人があったとしても、
そこがブラック企業ではないという保証はどこにもない
ということです。

さらに中途採用での転職で一番問題なのは、
OB訪問や就職説明会、会社案内などの資料が豊富にある新卒の募集活動と違い、
ハローワークの求人票などは「たった紙きれ一枚」の情報しかないことです。

これから残る社会人としての人生を預ける先の情報がこれしかないというのは、
考えようによっては恐ろしいことです。

もちろん転職エージェントを使って転職先を探すこともできますが、
それも100%成功するわけではありません。

とくに年齢が上がれば上がるほど、エージェントを使った転職は難しくなる傾向にあります。
当時40代で転職エージェントに相談にいったある知人は
「転職先をご紹介するのがもったいないほどのオーバースキルです」と、
最初から遠回しに断られたことがあるそうです。

 

ならばどうすべきか?

勤め先がブラック企業だとわかったとき仕事を辞めるためには、
会社以外の収入を確保することです

ブラック企業からの転職を考えるばかりではなく、
自衛の手段を構築していくことも大切な生き方だと思います。

sponsored link