ブラック企業の営業マンの過酷な仕事内容

sponsored link



ブラック企業の営業マン聞くと、
ブラック中のブラックというイメージがありますね。

やはり営業職だけに、通常?のブラック企業での
ひどい職場環境や過酷な労働条件のほかに、
営業職ならではの「ブラックらしさ」があります。

ブラック企業は営業マンどころか客の気持ちも考えない

まず長時間のサービス残業や休日出勤は当たり前。
パワハラ・セクハラの横行や精神論を唱えるというのもブラック企業のスタンダードです。
ひどい例になると「上司から暴力をふるわれた」というケースもあります。

電話営業の実態もすさまじく、
「アポイントが取れるまで受話器をもったままの左手をテープでぐるぐる巻きにされた」
「同じ相手に30分ごとに営業電話をさせられた」など、
およそ常識では考えられないことが平然と行われています。

まだブラック企業という言葉が生まれる前、
ある太陽熱温水器販売会社の営業マンたちは
「仕事を取ってくるまで帰ってくるな」と上司にいわれ、
客先での長時間居座りや深夜の勧誘を続けてしまい、
大きな社会問題になった
こともあります。

このように市場性がない商品なのに、
営業マンに「売れないモノを売る」ことを強制するのも、
典型的なブラック企業の営業手法です。

結局、どんな手を使おうと最終的に受注さえできればいいのであって、
相手方のニーズや都合も何も考えない。
迷惑なしつこい営業電話も「お客様のためのご提案」という論理に
すり替えて営業マンに強制するのがブラック企業なのです。

ブラック企業を肯定する変な人達がいる

man-shadow

ところが面白いことに、過去ブラック企業の営業を経験した人の中には
「ブラック企業の営業」手法を認める人が結構います。

「営業職はブラック職と言っても
仕事として営業している人にとっては仕方ありません」
というあきらめ派はまだしも、
「猪突猛進型営業マンになり目的を達成しよう」
「7年間ブラック企業に勤めたら『営業マンが本当にやるべきこと』に気付いた」という意見は、
ブラック企業の毒に犯され完全に病んでいるとしかいいようがありません。

 

こうした考えに侵されてしまう前に、
会社に頼らずに自分で稼げる道を見つけることも大切かと思います。

ブラック企業の営業マンの仕事は、心身をむしばみ、
ついには尋常でない考え方を作り上げてしまいます。
そうなっては手遅れなのです。

sponsored link