注意! こんな面接するのはブラック企業かも

sponsored link



最近ブラック企業の求人も巧妙化してきていて、
募集要項を見ただけではブラックかどうか
判断がつかないケースも多々ありますね。

しかし、やはりブラックはブラック。
いざ面接の段になるといきなり馬脚を現してしまいます。

ブラック企業の面接にありがちな5つの特徴

あなたが冷静でさえいれば、面接の時点でブラック企業かどうか
を判断するのは意外と簡単です。

なぜならブラック企業の面接パターンはほぼ決まっているからです。

履歴書を見ていない

せっかく送った履歴書をまったく見ないで面接に臨むケース。

ですからあなたの名前を呼ぶのも履歴書に目を落としながら。
社員は消耗品で誰でもいいから雇いたいというブラック企業考え方がよく現れています。

中途採用の場合には職務経歴書も見ていないので、
その場で応募者に職歴を説明させるということもよくあります。

仕事と関係のない話や質問ばかりする

ブラック企業の実態を明かすわけにはいかないので、
募集側は具体的な業務内容を語ることをしません。

面接で的はずれな質問をしてくるのは、
やはり誰でもいいから雇いたいということの裏返しです。

社員や会社の成功体験を収録したDVDを見せられる

事業として大成功しているわけでもないのに、
面接前にビジネスの成功談を集めた映像を見せるところは
ブラック企業の可能性大です。

自社を実力以上に見せ、ブラック企業であることを隠そうとしているのです。
「自分はこの会社で自己実現できた!」なども
当然「ヤラセ」ですから、アタマから信じないことが大切です。

即決採用して入社を急がせる

これもよくあるパターンですね。
常識的な企業であれば一定の時間をかけて
応募者の人柄や印象、ポテンシャルなどを総合的に見て採否を決めます。

つねに人材不足のブラック企業はすぐに働ける人ばかりを探しています。

労働条件や報酬についての質問をはぐらかす

ブラック企業は劣悪な労働条件・給与で働かせることを前提としていますから、
こうした質問にはまず答えられません。
「キミの頑張り次第だ」とか「成績に応じて成果報酬を出す」など、
具体的な数値目標を示せないところはブラック企業だと思って間違いありません。

「変だな」と感じたら冷静になって考えよう

上記に当てはまるだけでなく、あなたが面接で「ちょっと変だな」と思ったら、
そこはほぼ100%ブラック企業です。

これは人間の勘とかではなく、「世間の常識やルールと違う」と
心のどこかでアラームが鳴っているからです。

それでもブラック企業にハマってしまう人は後を絶ちません。
それは「一刻も早く就職したい」という焦りが、冷静な判断を狂わせているからです。

 

そのような事態に陥らないためには、
会社に頼らずとも自分で稼ぐことができる力を身に付けることが
予防策の1つです。

経済的な余裕さえあれば、焦ってブラック企業のワナにはまることもありませんので。

sponsored link