仕事が辛い! 正直辞めたいと思う人へ。

日刊SPAの報道によると、
「サラリーマンの8割がうつ予備軍」の状態にあります。

これでは仕事が辛いので会社を辞めたい
と思う人が増えても当然ですね。

仕事が辛いと感じたことのある社会人は9割以上

あるアンケート調査によると、
仕事が辛いので辞めたいと思ったことがある人は、全体の9割以上。
ほとんどの人が何らかの理由で仕事が辛いと感じています。

その理由としては

  • 人間関係    46%
  • 業務内容    24%
  • 給与が低い   20%
  • 休みが少ない  18%
  • 会社のしきたり 10%

の順になっています。

これはブラック企業を辞めたいと思う理由とかなり共通していますね。

仕事を辞める前に一度立ち止まって考えてみる

coffee-desk

あなたが「仕事が辛いので会社を辞めたい」
と思ったときにとるべき行動は次の4つです。

辞めたい理由をよく考える

社会人なら誰しも一度は「こんな会社辞めてやる!」と思ったことはあるでしょう。
ただそれが一時の感情なのか熟慮の上での気持ちなのかをよく考える必要があります。
その場の「辞めたい」勢いに任せると後で後悔することになりかねません。

辞められない理由を考える

経済的にすぐ行き詰まってしまうから辞められないのか、
どこかにまだ辞めたくないという気持ちがあるのか、
仕事のスピードが遅くて辛いからなのか、
それともなかなか辞めさせてくれないブラック企業に勤めているからなのか
一度立ち止まって整理してみましょう。
対策を立てるのはそれからです。

信頼できる友人に相談する

毎日、仕事が辛いと感じている人でも、
人にその悩みを打ち明けるだけで解決してしまうという場合があります。
ただ、いくら信頼できそうな人でも会社の人間に相談するのはおすすめできません。
仮に理解ある上司であってもその後の査定に響かないとは限りませんし、
同僚であれば噂が一気に広がる可能性があるからです。
やはり学生時代の友人など、あなたの人となりをよく知っている人物に相談すべきです。

ライフプランを立て直す

誰でも会社に入ったときには、漠然としてでも定年までの
ライフプランを描いていたと思います。
会社を辞めるということは、当然そのライフプランが白紙に戻るわけですから、
新たな将来設計を構築し直す必要があります。
たんに「仕事が辛いから辞めたい」という考えだけで
転職したのでは同じことの繰り返しになります。

いまの仕事を辞めた後の計画は事前に立てておく

hirameki1

このように考えていくと、やはり将来の経済基盤を確保してから仕事を辞めることが必要です。

最も良いのは、会社以外に自分で稼げるビジネスを持っておくことです。

会社を辞めるのは、そのような万全の対策を整えてからでも遅くありません。

sponsored link