給料が安い人へ。転職よりも収入が上がる方法とは?

sponsored link



仕事の割に給料が安いとお嘆きのあなた。
どうにかして収入を増やしたいと、事あるごとに考えていることでしょう。

今の仕事で大幅な昇給が望めないのであれば、収入を上げる方法は2つしかありません。

7割以上の人が給料に不満を抱いている

enミドルの転職の調査によると、20代から50代までの会社員で
今の給与に満足している人は、たった27%に過ぎません。
ほとんどの人が自分の給料は安いと感じているのです。

また給料が安いと思う理由ベスト5は

  1. 仕事の成果がきちんと反映されていない
  2. 自分の脳力が評価されていない
  3. 労働時間と見合わない
  4. 責任やポジションと見合わない

となっており、自分に対する会社の無理解が不満の主な原因となっていることがわかります。

転職による給料アップはハードルが高い

man-climb

安い給料を大幅にアップするために転職をするというのもあながち間違いではありません。
実際、エン・ジャパンやDODAの調査では、
転職者の約半数は収入がアップしたという結果がでています。

しかしよく考えれば、
残りの半分の人は転職しても安い給料に甘んじたままということになります。

また、年収が上がった転職は、
スカウトオファーが来た企業への転職での割合がもっとも高いので、
自分で活動して年収がアップする企業へ転職することは難しいといえます。

そうかといって、給料が安い仕事を続けるのは辛くなりますよね。

 

ではどうすればいいのかというと、
副業をすることです。

収入アップのための副業3つ

hyoushou1

冒頭述べたように、こうした不満を解消するには、副業をはじめるのが一つの手です。

比較的手軽にできるサラリーマンの副業としておすすめできるものは

  • ネットオークション
  • せどり
  • アフィリエイト

の3つです。

いうまでもなくネットオークションとは、
ヤフオクに代表される競売ビジネス。マニアが思わぬ高値をつける場合もあることも魅力です。

また、せどりとは、安く仕入れた古本をネットで高く転売する方法のことです。
レアな漫画本などは高額の可能性が高いです。

そしてアフィリエイトとは、HPやブログに広告を貼り、
そこから売れた分をコミッションとしてバックしてもらえるビジネス
のことです。

いずれもPCとネット回線が必要ですが、
どうしても用意できない場合にはスマホで代用することもできます。

 

ちなみに、こちらのメルマガ
アフィリエイトを無料で教えているので、興味があれば登録してみてください。

sponsored link