介護士の給料が安い本当の理由

介護士の給料は、キツイ仕事の割に安いといわれています。
さらに有効求人倍率2倍以上という慢性的な人手不足で、
求人募集を見ない日はないほどです。

結果としてブラック化している現状があるのですが、
なぜこれほどまでに介護士の待遇は悪いのでしょうか?

ほんとうに安い介護職員の給料

介護士の給料が安い原因を探る前に、
まず介護職全体の給料を見ていきましょう。

厚生労働省の発表によると、介護職員の月給は全国平均で21万9,700円、
ホームヘルパーと呼ばれる訪問介護員の給料は22万700円となっています。
全産業平均の給料は32万9,600円ですから、これより約11万円低い結果です。

異常なくらいの安さですね。
これでは人が集まらないのも当然で、
働いている人にしわ寄せが行き、
業界全体がブラック化しているのもうなずけます。

とくに介護士は、介護福祉士という国家試験に合格した有資格者ですから、
本来は専門職としてもっと評価されるべきです。

やがて2025年問題が到来する

building-sun

介護士の給料が安すぎるという根本的な問題もあって、
このままで行けば将来約30万人の介護職員が不足するといわれています。

いわゆる「2025年問題」の時代が到来するわけです。

ちなみに「2025年問題」は何かといえば、
現在1,500万人程度のいる75歳以上の後期高齢者が
2025年には約2,200万人に増加するという現象です。

その理由は、約800万人いるという団塊の世代の前期高齢者が、
ごっそりそのまま後期高齢者層に移行してしまうからです。
その対策として政府は今後、介護職員一人あたり
1万2,000円程度の賃上げを行う方針ですが、焼け石に水でしかありません。

公定価格だから給料に上限がある

kaigo1

こうした状況にもかかわらず、なぜ介護職員
とくに介護士の給料は安いままなのでしょうか?

その理由は、介護職の報酬は政府が決めた「公定価格」であり、
上限が決められている上に、その価格が安すぎるから
です。

ではなぜ公定価格が安いのかといえば、
介護保険の財源が少ないことが原因です。

それなら財源を増やして平均並みの給料に上げたいとしても、
介護職員の給料を1人当たり月10.6万円引き上げるためには、
約1兆4,000億円の予算が必要になるそうです。
まさに給料を絵に描いた餅ですね。

他に方法はないのでしょうか?
実は可能性としてひとつ考えられるのは、
特別養護老人ホームなどを運営する社会福祉法人の内部留保を使うことです。

現在、内部留保の額は1施設に約1.6億円もあるといわれています。
ただ、経営者側は運転資金の確保が必要だとして内部留保を使うことに反対しています。
ようするに根本的にブラック企業的な考え方をしているわけです。

 

こうなると仕事をやめることも検討しなければいけません。
転職ではなく、
介護職以外の仕事をするのが一番です。

転職しても同じ結果ですし、
転職が難しいならいっそ自力で稼いでしまうのがおすすめです。

sponsored link