症状からみる、仕事のストレス度チェック診断

sponsored link



平成27年12月1日、労働安全衛生法に基づく
「ストレスチェック制度」が施行され、
労働者数50人以上の事業所に対して、
年1回以上の実施を義務づけ、
結果を労働基準監督署へ提出することを義務づけています。

サラリーマンの過酷な就労環境に対して
腰の重かった厚生労働省もようやく少し動いた感じです。

厚生労働省作成のストレス度チェック診断の信頼度は?

厚生労働省が作成した仕事のストレス度チェック診断は、
症状や置かれた環境など複数の条件からストレス度をチェックする仕組みになっています。

これはストレスの原因に関する質問項目、ストレスによる心身の自覚症状に関する質問項目、
労働者に対する周囲のサポートに関する質問項目の3つと
それらに付帯する各設問で構成されています。

現在、厚生労働省の5分でできる職場のストレスチェック – こころの耳
セルフチェックができますので一度試してみるのもいいでしょう。

ただし、実験的にすべての項目に最大のマイナス評価を入力したところ
「あなたのストレス状況はやや高めな状態にあることが窺われます」という結果になりました。

信じられないくらい楽観的な診断結果で、
厚生労働省がサラリーマンの仕事ストレスをどこまで深刻に考えているのか疑問でなりません。

症状や環境から簡単に仕事のストレスチェックする方法

もっと簡単に仕事のストレス度をチェックできる方法もあります。
東京大学が作成した「仕事のストレス判定図」がそれで、
わずか12項目の設問に対して「そうだ・まあそうだ・ややちがう・ちがう」
4つの回答から選択するだけというものです。

設問とその内容を整理すると次のようになります。


  1. 一生懸命働かなければならない
  2. 非常にたくさんの仕事をしなければならない
  3. 時間内に仕事が処理しきれない
  4. 自分のペ-スで仕事ができる
  5. 自分で仕事の順番・やり方を決めることができる
  6. 職場の仕事の方針に自分の意見を反映できる
  7. 上司と気軽に話せますか?
  8. あなたが困ったとき上司は頼りになりますか?
  9. 職場の同僚と気軽に話せますか?
  10. あなたが困ったとき職場の同僚は頼りになりますか?
  11. あなたの個人的な問題を相談したら上司はちゃんと聞いてくれますか?
  12. あなたの個人的な問題を相談したら同僚はちゃんと聞いてくれますか?

 

これをもとに仕事のストレス度を厳密にチェックするためには、
複雑な数式を当てはめる必要がありますが、
常識的に考えれば否定した項目が半分以上あれば、
かなりストレスが溜まっている
といえるでしょう。

ほとんどすべての項目でマイナスのチェックをしてしまったというあなたは、
ストレスが限界にきていると思って間違いありません。

 

そうならないためにはどうすべきか?

根本的な解決策は、近い将来会社を辞める計画を立て、
まずは会社に頼らず自分で稼ぐ力を身につけることです。

仕事のストレスのせいで自分が潰れることほどバカらしいことはありませんので。

sponsored link