今の会社の仕事辞めたいけど上司に言えない時の対処法

sponsored link



仕事が嫌で会社を辞めたいと思っても、
なかなか上司に言えないというパターンは結構多いですよね。

実際WEBで「会社辞めたい 言い出せない」と検索すると
かなりの数がヒットします。
それだけ仕事で同じ悩みを抱えている人が
たくさんいるというわけです。

退職を言えないと精神的ストレスは溜まるばかり

nayamu-otoko3

では「上司に言えない時」って、どんな場合があるのでしょう?

考えつくままに書くと
「なんだか嫌味をいわれそうだ」
「辞めたら仕事のしわ寄せが同僚に行きそうで申し訳がない」
「職場環境的に言いづらい雰囲気がある」

あるいは仕事でまさかそんな聖人にめぐり合うことはないでしょうけど
「育ててくれた上司に申し訳がない」といったケースが挙げられます。

余談ながら自分の場合、無茶ぶり・パワハラ・責任転嫁した上司は
たくさんいましたが、親身になって仕事の相談に乗ってくれる人はだれもいなかったですね。

そんなこんなで会社を辞めたいと言い出せない時がつづくと、
今度は自分のメンタルヘルスに影響が及んできます。
いよいよ、うつ病予備軍の登場というわけです。これでは本末転倒です。

ようするに仕事が嫌で会社を辞めたいわけですから、
本来は日本国憲法第22条「職業選択の自由」にあるように
堂々と退職届を出せばいいわけです。

もっともらしい退職理由をあれこれ考えてみる

jihyou

そうはいっても、
そう簡単に上司に向かって会社を辞めたいとは言いにくいでしょう。

そんな時には、あらかじめ合理的な退職理由を用意しておくに限ります。
いくら仕事がきつくても、とんでもなく会社がブラックでも、
それを理由にして退職するのは無謀です。
相手から精神的な弱さを突っ込まれたり、逆ギレされては、余計心にキズがつくからです。

具体的に合理的な退職理由を考えてみると、
「資格をとるために勉強する時間が欲しい」
「多様な業界を見てマクロ的な思考を養いたい」
「スキルアップのために新たな職場へチャレンジしたい」

といったものが考えられます。

どれもタテマエにすぎませんが、ツッコミどころがない分、
心が平和になれるわけです。
実際に自分が使った必殺技としては「親の介護が必要で…」
というものもありました。

ただ結局これはいずれも、転職ではなく退職のための戦術です。

それだけでは準備不足。退職後いかによく生きるかという戦略をもった行動が必要です。

退職という撤退行動を起こすにしても
自分でよく生きられる方法を事前に用意しておくのが上策というものです。

sponsored link