仕事のストレスと思うことランキング1位~5位

sponsored link



仕事のストレスで悩んでいる人が多いのは当然として、
実は男性と女性では感じるストレスの原因は
大きく異なります。

そこで男女別に、仕事や職場で
何がストレスになっているのか
ランキング形式でみていきましょう。

男性は将来に対する不安もストレスになっている

エン人事のミカタの調査によると、男性が仕事で感じるストレスのランキングは、

  • 第1位:仕事の質 36.3%
  • 第2位:職場の人間関係 30.4%
  • 第3位:仕事の量 30.3%
  • 第4位:会社の将来性 29.1%
  • 第5位:昇進・昇給 24.9%

となっており、現在進行中のストレスに加え、
将来にわたるライフプラン設計もストレスになっていることがうかがえます。

もっとも、日刊SPAの発表にあるように、30代サラリーマンに限っていえば、

  • 第1位:給料に満足できない  33%
  • 第1位:会社(上層部)の方針に疑問 33%
  • 第3位:上司とウマが合わない 31%
  • 第4位:仕事の量が多すぎる 27%
  • 第5位:働かない同僚にイラッとくる 25%

というランキング結果で、働き盛りの世代は、
より現実的な問題が仕事のストレスになっていることがわかります。

女性が感じるストレスの半分以上が人間関係

suit-josei-ochikomu

男性が仕事で感じるストレスの1位から5位までは、さほど割合に差はありませんでしたが、
これが女性の場合ではランキングはガラッと変わってきます。

同じくエン人事のミカタの調査によると、
女性が職場や仕事で感じるストレスの順位は次のようになります。

  • 第1位:職場の人間関係  50.5%
  • 第2位:仕事の質     32.5%
  • 第3位:仕事の量     31.1%
  • 第4位:仕事への適性   24.5%
  • 第5位:定年後の仕事、老後の問題 16.7%

ダントツで職場の人間関係がストレスの原因になっているというのは、
やはり女性ならではの感受性が影響しているのでしょうね。

将来が不安という隠れストレスに対処するには

ここで注目したいのは、男性の約29%が会社の将来性に対してストレスを感じていること、
女性の約17%が定年後の仕事、老後の問題にストレスを感じていることです。

いうなれば男女ともに、
かなりの割合で「将来に対する漠然とした不安」を感じているわけです。

これを解決するためには、自分で自分を守っていく将来設計をしっかりと組み立てる必要があります。

倒産・解雇・ストレス退職など、
いつ会社を離れてもいいように備えを怠らないことです。

会社に頼らず自分で稼ぐ力さえあれば、
会社にクビになっても平気ですし、将来への不安も消えるはずです。

sponsored link