仕事のストレスで眠れない! 不眠症になった時の対処法

sponsored link



株式会社インテージの調査によれば、
「ストレスで眠れない経験がある」という質問に対して、
約半数の人が「ある」と答えています。

長期にわたって眠れない日々が続くと、
集中力や判断力の低下、ミスの多発など
仕事面でも悪い影響が起きるばかりではなく、
いつまでも疲労感・倦怠感が続くという
身体の不調も引き起こしてしまいます。

既日リズム睡眠障害で眠れない場合の対処法

ひと口に仕事のストレスで眠れないといっても、
日勤と夜勤が混在するような仕事上のストレスで昼夜のサイクルが狂ってしまい、
夜になっても眠れなくなるという既日リズム睡眠障害
の場合と、
仕事の悩みや極度の緊張からの精神的ストレスなどが原因で眠れなくなる不眠症の場合
があることに注意が必要です。

あなたが時間的に仕事に振り回され、そのストレスの結果眠れないのであれば、
それは既日リズム睡眠障害の可能性があります。

これを解消するためには、

  • 朝起きたら太陽の光を20分以上浴びる
  • 日中に軽い運動をする
  • 夜10時以降はPCやスマホを使わない
  • 夜10時以降は仕事・考えごとは控える
  • 夕方以降はカフェインを含んだ飲料を遠ざける

といった方法があります。

しかし、これらの対処法を実践してもなかなか良くならないというのであれば、
やはり専門医に見てもらい、治療に取りかかる必要があります。

不眠症で眠れない場合の対処法

night-bed

これに対して同じ眠れないということでも、

  • 入眠障害:就寝しても30分~1時間以上眠りにつけない
  • 中途覚醒:一度眠っても夜中に何度も目が覚めてしまう
  • 早朝覚醒:起床時刻よりかなり早く起きてしまい、その後眠れない
  • 熟眠障害:眠りが浅く、熟睡感がない

といった症状がある場合、仕事そのもののストレスによる不眠症が考えられます。

こうなった時にすぐにできる対処法としては、次のようなものがあります。

就寝・起床時間を一定にする

体内時計のリズムを一定にするために、
平日だけでなく休日も同じリズムでの就寝・起床を習慣化します。

適度な運動を心がける

適度な肉体的疲労によって入眠を促進する方法です。軽く汗ばむ程度の運動がよいでしょう。

寝酒をしない

アルコールの摂取は睡眠を浅くさせます。
寝酒が習慣化している人は耐性ができて過度の飲酒にもつながりますので注意が必要です。

ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる

これは身体をリラックスさせる効果があります。
適度な疲労を与えると同時にリラックスさせる効果が期待できます。

寝る前には脳に刺激を与えない

就寝直前までPCを使っていたり、スマホを見たりしていると、
脳が刺激されたままの状態になって入眠を妨げます。
寝る数時間前にはこれらを遠ざけて脳を休めましょう。

改善が見られない場合は専門医の受診を

doctor2

こうした対処法を行っても、やはり仕事のことが頭から離れず、
いつまでも眠れないという重症の不眠症に陥っているあなたは、
すぐに専門医の診察を受けるべきです。

こうした仕事のストレスからくる不眠症を放っておくと、次に来るのはうつ病です。

そうなる前に一刻も早く病院で診察を受け、適切な治療を施してもらう必要があります。

また、ストレスまみれの仕事を一刻でも早く辞めるために、
会社以外に収入減をつくることも
同時に模索していくことも大切です。

退職代行のサービスもある

 

「今すぐ会社やめたい!」といっても、
やめたくてもやめられない事情があるかもしれません。

自分がやめたら会社に迷惑がかかるかもしれませんし、損害賠償を請求されるかもしれません。
また、上司に辞表を出すことも勇気がいるものです。

汐留パートナーズ法律事務所では、
弁護士があなたの代わりに退職手続きをおこなってくれます。

自分で辞表を出す必要もありませんし、
万が一、損害賠償を請求された時は弁護士が守ってくれます。

>>退職代行サービスの詳細はこちら

 

sponsored link