脱サラしてカフェやパン屋や飲食店を開業しても失敗する理由

かつて飲食店は、現金商売ができるということから
有力な脱サラビジネスともてはやされたことがありました。
食品産業も同じように考えられていたことがあります。

ところが、いまや飲食店の70%が3年以内に潰れる
といわれるほど厳しい業界になってきました。

脱サラ組の勝利は難しい

外食産業の市場規模は、1997年をピークになだらかな右肩下がり傾向を示しています。

そうした漸減市場のなかに、飲食店経営のノウハウがない脱サラ組が、
カフェなどの飲食店で参入すること自体にまず無理があります。

同様に食品小売業であるパン屋さん、いわゆるベーカリーもスーパーなど
量販店に押され、新規店舗数の減少と既存店の廃業が相次いでいます。

よほど特長がなければ量販店に勝てない時代になっているのです。

思いつきの独立がすぐに経営を悪化させる

binnbou-denntaku

また、カフェのような飲食店にしても、パン屋さんのような小売店にしても、
脱サラ独立組が失敗する理由は次のものが考えられます。

運転資金不足

設備投資などにお金を使い果たしてしまい、その後の仕入れ費用や水道光熱費などの
運転資金が不足するケース。事業計画の甘さが原因です。

出店立地が悪すぎる

お客様ニーズがない立地に、家賃の安さや店主の思い込みだけで出店してしまった場合、
まったく売上が上がらないことも珍しくありません。完全に立地調査のミスが原因です。

差別化ができていない

味・価格・立地などでライバルとの差別化ができていないケース。
考えればよく分かることで、新しい店にお客様を呼びこむためには
どこかに強烈なインパクトが必要です。マーケティングに対する理解不足が原因です。

フランチャイズ加盟店だからと安心しきっている

飲食チェーンに加盟して、個人オーナーとして独立するケース。
フランチャイズとはフランチャイザーと呼ばれる本部が
加盟店に商品供給や販売指導を行うシステムです。
ただし、本部の役割はあくまで加盟店に対するサポートであって、
オーナー自ら店長となって現場業務に従事するのが一般的です。
アルバイトに任せたままで、勝手に売上が伸びるような生易しいビジネスではありません。

インターネットビジネスで安心のチャレンジを

coffee-desk

結局のところ、脱サラしてカフェやパン屋や飲食店を開業するのは
かなりリスクが高いということです。失敗することも珍しくありません。

脱サラするためのもっと良い方法はないのでしょうか。

そのひとつの方法としては、
インターネットを利用したビジネスがあげられます。

アフィリエイトなどのインターネットビジネスなら、
少ない資金ではじめられるだけでなく、赤字になるリスクもありません。

もし興味があれば、こちらの無料メルマガ
やり方を解説しているので、読んでみてください。

sponsored link