脱サラに失敗する人と成功する人の違いは何か?

sponsored link



同じ脱サラ組でも、独立した瞬間、
すでに失敗している人と成功している人がいます。

この差はいったいどこから来るのでしょうか?

脱サラに失敗する人の3タイプ

脱サラして失敗する人には多くの共通点があります。
まず1つひとつ検証していきましょう。

会社が嫌だからとりあえず脱サラした人

どんなに小さな企業にせよ個人事業主にせよ
「自分はこれがやりたい」という経営哲学をもっているものです。

たんに会社の仕事が嫌だからという安易な理由だけで脱サラすると、
1年も経たないうちによくて会社員に戻るか、せいぜいアルバイト。
場合によってはニートということにもなりかねません。

マネジメントを知らない人

マネジメントとは、「ビジネス上における様々な資源や資産・リスクなどを管理し、
経営上の効果を最適化しようとする手法」のことです。
いいかえれば脱サラして独立する人がもつべき経営のスキルといったところです。

これを知らないと資金繰りはあっという間に行き詰まり、独立は見事に失敗します。

独立情報サイトでの募集にすぐ飛びつく人

独立情報サイトに掲載されている加盟店募集や代理店募集などの案件に対して、
よく考えずに申し込む人もまず脱サラに失敗します。

他人を募集するくらい売れる商品・サービスなら自社だけで
売ったほうがはるかに利益は上がります。

そうしないのは加盟金やロイヤリティが目的で脱サラ組を募っているところが多いからです。
よほど自分でしっかりした販路をもっているのでなければ、遠慮したほうが無難です。
さもないと売れない商品・サービスを延々と売るはめになります。

脱サラに成功する人の3タイプ

open-door

逆に脱サラで成功している人に共通していえることは次のとおりです。

脱サラに信念のある人

高い理想を掲げていなくても、一定の目的・目標をもって
脱サラする人は成功の確率が高いですね。
たとえば目的と目標として、理想の暮らしのためにはいくら必要で、
そのためには脱サラして稼ぐしかないといったことでも構いません。
ようは不屈の意志をもっているかどうかにかかっているわけです。

十分な事前準備ができている人

脱サラをして独立するには多少なりとも投資が必要ですし、
新しい仕事が安定するまでの生活資金も必要になります。

またどのような分野で脱サラすればよいのか、
あらかじめ有望なビジネスや成長市場を調べておくといった作業も必要です。

過去の成功体験にとらわれない人

「昔はこうだった」とか「この方法で大成功した」という
過去の成功体験を引きずらないことも重要な資質です。

いい方を変えれば、同じ手を使わない人、
自己革新のできる人が成功するということです。

古いたとえですが、織田信長が成功したのは、
桶狭間の戦いのような一か八かの勝負は二度と行わず、
以後は「勝てる条件」を整えてから戦に臨んだことにあります。

脱サラにはまずできることからはじめよう

もしあなたが脱サラを考えているのであれば、
最初に十分な事前準備を開始することからはじめましょう。

会社以外に収入源を確保して、
給料に頼らない資金調達を行うべきです。

脱サラして独立するには予想以上のコストがかかります。
給料とボーナスだけではとても追いつかないことも珍しくはないのです。

退職代行のサービスもある

 

「今すぐ会社やめたい!」といっても、
やめたくてもやめられない事情があるかもしれません。

自分がやめたら会社に迷惑がかかるかもしれませんし、損害賠償を請求されるかもしれません。
また、上司に辞表を出すことも勇気がいるものです。

汐留パートナーズ法律事務所では、
弁護士があなたの代わりに退職手続きをおこなってくれます。

自分で辞表を出す必要もありませんし、
万が一、損害賠償を請求された時は弁護士が守ってくれます。

>>退職代行サービスの詳細はこちら

 

sponsored link