突然リストラされたら、その後の再就職はできるのか!?

sponsored link



電機メーカーをはじめ日本企業のリストラが止まりません。
今や大手企業だからといって年功序列・終身雇用は保証されないということですね。

もしあなたがリストラされたら、その後再就職はできるのか?
日本のリストラとそれに伴う再就職の実際を紹介していきます。

リストラターゲットは40代以上

一般にリストラの対象となりやすいのが45歳以上の管理職、
次いで同年代のスタッフ職
といわれています。

この理由は、会社規模を縮小するので管理職のポストが少なくなることや、
年功序列制度により、若手社員に比べ相対的に賃金が高いためです。

自分は30代だから大丈夫と思っているあなた。
他人事ではありません。

最近は、IT系を中心にリストラのターゲットが
35歳ぐらいにまで下がっているのです。

リストラ後の再就職は非常に困難

kunou-dannsei

大手企業では、リストラに際して再就職先の紹介や再就職支援会社へ送り出すなど、
一応のフォロー体制を整えているところが多いようです。

しかし、実際問題として40歳以上のその後の再就職はきわめて難しいといえます。

厚生労働省の発表によると、
「日本の失職者のうち1年以内に再就職した人は半数以下」にとどまっています。

全年齢平均でこの値ですから、やはり40歳以上の再就職はかなり困難といわざるをえません。
バイトの面接にも落ちたという話もあるほどです。

一方、40代以上であっても比較的スムーズに再就職先が決定する人もいます。
この差はどこで生じるのでしょうか?

再就職先が決まりやすい人

  • 実務に役立つ国家資格をもっている人
  • 他人には真似できない独自のスキル・専門がある人
  • 会社に役立つ社外の人脈が豊富な人

再就職がなかなか決まらない人

  • 勤務先だった会社の仕事しかできない人
  • 自己評価が高すぎる人
  • 業種・職種を選り好みする人

ざっとこんなところでしょうか。

実際、リストラにあって再就職先がなかなか決まらなかった人の発言には、
何か仕事を勘違いしているケースがあります。

たとえば面接担当者の「あなたはどんな仕事ができますか?」
という問いに対し「部長ができます」と平然と答えた人。 

採用にあたって企画書作成を命じたら
「企画はできるけど企画書はかけません」と言い放った人。

ちょっと常識では考えられない人は意外といるものです。

会社に頼らない生き方をしよう

さて、話を戻して、もしあなたがリストラされたらどうなるのでしょう?
やはり先程述べたように、特別な資格や能力をもっていないと
再就職は難しいということですね。

それならばいっそのこと、独立の道を探るという手段もあります。
自分の力で生活費を稼ぐことができれば、
わざわざ会社勤めをする必要もなくなるというものです。

そうなればリストラされたからといって、明日からの生活に悩むこともなくなるのです。

sponsored link