拒否できない! 強要されるサービス残業のひどい実態

sponsored link



半数以上の会社員がサービス残業を強要されている
実態があります。
そのなかでも拒否できない、とくに悪質な実態を
ご報告することにいたしましょう。

ブラック企業ではないと最高裁まで争ったユニクロ

サービス残業を強要され、拒否できない会社として有名な存在がユニクロです。

My news japanの取材に応じた新卒で入社したある社員は
「サービス残業を含め、拘束時間が長い。やらないと店が回らない。
1日14時間拘束がざらにある」
と発言。

サービス残業の手口も巧妙で
「PC上で退勤ボタンを押してから、普通に仕事を続けます。
月の労働時間が上限240時間と決められていて、超えると始末書を書かされる。
すぐオーバーしてしまうため、自分で打刻時間を調整。
239時間59分で出す社員もいます」と、
サービス残業が強要され拒否できない実態を公表しています。

こうしたユニクロのブラック実態を暴いたのが、かの週刊文春。
これに対しユニクロは、事実無根として文春側に損害賠償請求を提訴。

もちろんそんな提訴は認められるわけはなく、
裁判の過程でかえってユニクロのブラックぶりが露呈されてしまいました。

第一審の東京地裁は、
「出退勤管理のシステム上、サービス残業を行うことは物理的には可能であり
(中略)、
現にサービス残業が行われた事例が発覚していることが認められる」
と認定しました。ユニクロの敗訴です。

これに対してユニクロは、高裁・最高裁と争いましたが逆転ならず。
週刊文春の全面勝訴に終わったのです。

まんだらけサービス残業訴訟

gennkai

マニア向けマンガ古本・サブカル系商品を中心に取り扱う古書店・古物商の
株式会社まんだらけが、元社員から強要されたサービス残業代の
支払を求める訴えをおこされました。

My news japanによると、まんだらけの募集要項は

  • 就業時間は12時から21時(うち休憩時間60分)
  • 時間外勤務25%増(基本給1,180円×1.25時間)
  • 休日出勤35%増((基本給÷20)×1.35×回数)

となっています。

ところが実態は、開店前の準備作業のため出勤時間は、
11時20分までと指定され、朝の全体ミーティングも
規定就業時間前の11時45分からに設定されていました。

終業時刻の21時を回っても、片付いていない作業に取りかからざるを得ないほか、
お客から届いた買取商品の査定を強要されるなどして、
毎日終電間際に帰宅する生活
を送っていました。

これらの時間外労働にまんだらけは一切残業代を払わず、
対応もいい加減だったため、社員は退職し、
元社員として未払金の請求を行いました。

判決は、まんだらけの全面敗訴。
東京地裁は、未払い賃金の223万3,606円に加え、
ペナルティの付加金210万8,165円の支払をまんだらけに命じました。

2つの事例からわかること

これら2つの事例からわかるように、
サービス残業をさせる企業ほど厚顔無恥だということです。

あなたはそんなところにいたいと思いますか?

ジャーナリズムが暴くまで、裁判で判決がでるまで自分の非を認めない企業に対しては、
むしろこちらから見切りをつけるべきです。

そのために必要なのは、
会社以外に収入を確保して
いつでも辞められる準備を整えること。

裁判をおこすのもいいですが、それより
会社に頼らない方法を模索する方が建設的かもしれません。

sponsored link