今の会社の仕事を辞めたい理由ランキング

会社を辞めたい理由は人それぞれ。
仕事が嫌で辞めたい、人間関係が嫌で辞めたい、
職場環境が劣悪で辞めたいなどなど、
数え上げたらキリがありません。

そこで会社を辞めた調査資料があればと調べてみると…、
実は簡単にみつかりました。

会社を辞めた本当の理由ベスト10

次の結果は、リクナビNEXTが調べた退職理由のホンネランキングベスト10です。

 


  • 1位 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった 23%
  • 2位 労働時間・環境が不満だった 14%
  • 3位 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった 13%
  • 4位 給与が低かった 12%
  • 5位 仕事内容が面白くなかった 9%
  • 6位 社長がワンマンだった 7%
  • 7位 社風が合わなかった 6%
  • 7位 会社の経営方針・経営状況が変化した 6%
  • 7位 キャリアアップしたかった 6%
  • 10位 昇進・評価が不満だった 4%

 

これらに共通して言えることは、要は待遇の割に仕事がツマラナイということ。
これをもっともだと見るか、まだまだ甘いと見るかは人それぞれでしょう。

ただ個人的にいわせてもらえば「入ってみたらブラック企業だった」が、
会社を辞めたい理由のランキングに入っていないのはちょっと解せない
ところです。

実際には表に出ない退職理由の本音の本音

honnne

一方、上記の理由が「もっともか、甘いか」は別として、
ほとんど観念的であることに違和感を覚える人も多いでしょう。

たとえば「上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」としても、
たんに仕事の手順や方法が自分の考えと違っていただけなのか、
自分勝手なワガママ上司だったのかでは意味がまったく異なります。

以下同様に、誰でも思いつくような退職理由が続いていて、
本音の本音というものが見えてきません。

おそらくリクナビNEXTも立場上、これ以上に過激な解答は用意できなかったのでしょう。
「退職理由のホンネランキング」といっても、実際には本質を突いていないわけです。

ですから自分が会社を辞めたいと思ったなら、
外部調査でどんな理由が出ようとも関係ないと思うことが大切なのです。

結局は一人ひとりが自分と会社との位置を測り、
自分で自分の仕事を見極める、そして会社を辞めるべきかどうかを決める。
それこそがランキングに左右されない、
一人ひとりにベストな仕事を辞めたい理由となるわけです。

sponsored link