恐るべきパワハラ! よくある事例集と具体例

パワハラという言葉が使われて久しいですが、
実際に何がパワハラに当たるのか、
どんな事例が報告されているのかは、
案外知られていないと思います。

そこでよくあるパワハラ事例について
具体例をあげて紹介していきましょう。

そもそもパワハラの定義とは

厚生労働省では以下の6行為を
パワーハラスメントにあたる行為と定義しています。

  1. 身体的な攻撃(暴行・傷害)
  2. 精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
  3. 人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
  4. 過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
  5. 過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
  6. 個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)

当たり前といえば当たり前ですが、
逆にいえばここまで具体例を示さなければならないほど、
職場にはパワハラが蔓延しているといえます。

ただ注意したいのは、パワハラは
「上司から部下に行われるものだけでなく、先輩・後輩間や同僚間、
さらには部下から上司に対して様々な優位性を背景に行われるものも含まれます」ということです。

よくあるパワハラの事例集

okoru-gaijinn

はてブロのみんなのパワハラ事例サイトに投稿された
主なパワハラ事例は次の通りです。

身体的な攻撃:中古車販売店に勤務していた時に工具を投げられた

車高の低い車のタイヤ交換をしているときに、膝をついて作業をしていたら、
工場長からいきなり蹴り上げられ仕事をなめるなといわれたケース。
ちなみにその工場長は仕事中にパチンコをしていたのが見つかり
クビになったそうですから、多少溜飲は下がります。

精神的な攻撃:製薬会社の営業で罵声を浴びせられた

体育会系の会社で上司から「お前は頭はいいかもしれんが使えんな」
と何度も吐き捨てるように言われたケース。
全社的にもシェアが低いエリアだったそうで、
無能な上司が部下をいたぶっている悪しき事例です。

人間関係の切り離し:提案を横取りされた上に、仕事も干された

上司が自分の提案を横取りしたことに抗議したところ、
社員全員に連絡が行っている内容の重要な連絡事項が、
自分のところにだけ来ないという事件が発生。
弁明する機会も与えられず、社長以下幹部クラス全員に怒られ、
仕事も干されてしまったそうです。

過大な要求:新人に熟練者に仕事を頼むのと同じように指示された

初めての職場で右も左もわからないのに、上司は初めからできなくて
どうするという言葉を常にぶつけてきた。仕方なく他のスタッフに聞くと
「そういえば説明していなかったな」とうそぶいたとのこと。
投稿者さんによると残念ながら、
いまだにパラハラの被害をまき散らかしているみたいですね。

過小な要求:毎日出勤してもやる事が無く仕事を与えてくれない職場

毎日出勤してもやる事が無く、社内ニート状態。
何か仕事は無いか上司や先輩社員に聞いても
「やってもらうことはない」と言われ続けたそうです。
仕方なく職場内の整理整頓や廃品の整理等を進んでやってもすぐに荒らされる始末。
自分から退職の申し出をするように仕向けていたのわけです。

個の侵害:宗教勧誘を断った事でパワハラを受けた

パワハラの内容は、執拗な宗教勧誘。社内でそういった活動を行なうことは
規定違反に当たるため、勧誘は就業時間外に外で行われたとのこと。
多分新興宗教のひとつでしょうね。
いやはや就業後にまでパワハラがついてまわるとはなんともやりきれない思いです。

 

これらは氷山の一角に過ぎません。次はいつパワハラがあなたを襲うかもしれないのです。

そうなる前にできることは何か?

それはパワハラを受けても我慢することなく、
上司の前で辞表をたたきつけることができるように、
会社以外に収入源を確保しておくことです。

会社に頼らない生き方が確立できていれば、
パワハラに対して余裕を持って対処することもできるのです。

sponsored link