仕事を辞めたい! ストレスで鬱病になると思ったら読む記事

sponsored link



日刊SPA!の報道によれば、なんと日本のサラリーマンの
実に8割が鬱病予備軍になっている
と指摘されています。

自分も以前、健康診断の問診票で「ねむれない」や
「毎朝気分がすぐれない」などの項目に
山ほどマルを付けて提出したら、
健診会場の診察で「鬱の気がある」といわれ内心大爆笑をした記憶があります。

だってこれだけストレスの多い企業社会、平常心でいられる方がおかしいですよね。

米国型経営と日本型経営の致命的な合体が最大のストレスを生む

nayamu-otoko-laptop

昨今の企業社会で鬱病になるほどに仕事でストレスが増加したのは、
働き方というより働かせ方がいびつになってきたからにほかなりません。

その兆候が目立ってきたのは、バブル崩壊後の1990年ごろ。
アメリカ型成果主義経営が導入され始めてからです。

成果に見合った報酬を支払うという考え方は悪くありません。
ところがアメリカ型経営の導入の際、
ほとんどの会社が日本的な家族主義や年功序列を名目にした低賃金といった
日本的経営のデメリットを捨てることはありませんでした。
その結果、成果だけが求められる低賃金労働という致命的な組み合わせ起きたのです。

いくら仕事をしても報われない、成果を挙げなければリストラの危機にさらされる。
そんな状況に置かれたらストレスがこうじて辞めたいと思うのも当然でしょう。

手遅れになる前に退職の決断をすべき

doctor2

ストレスからくる鬱病になる前に仕事を辞めたい、
という時の対策は心療内科などで治療を受けるか、
実際に会社をやめてしまうかのいずれかです。

ただ医療機関でいくら治療を受けても、
鬱の根本的な原因である仕事のストレスから開放されないかぎり、
病気の不安はついてまわります。

また社員が鬱寸前のストレスを抱えていることがわかっていても、
会社がなにか対策を講じてくれることはまずありません。
たとえば自分の経験で言えば、転職の応募条件として
「高い対ストレス性」と示されたところもかなりありました。

つまり「ストレスから鬱病になるような奴はいらない」ということですね。
“労働安全衛生法”の主旨からすれば、ひっくり返るような条件です。
やはり会社の本質というものは
コンプライアンス(法令遵守)のカケラもない存在だったわけです。

そうなるともう自衛するしかありません。
会社を辞めることは当然として、ストレスのないアナザーウェイを見つける
ということも重要になってきます。

人生は会社のものではなく自分のものです。決断の時期を誤って
鬱病になってしまっては元も子もないのです。

sponsored link