ニートとネオニートの違いとは?

sponsored link



平成14年以降、ニートの数は60万人台で推移し、
現在も減少していません。

いまだに深刻なニート問題ですが、
最近では事情が変わってきており、
ネオニートなる新しい形態が登場しています。

ニートとネオニートはまったくの別人種

ニートとは就学・就労・職業訓練・家事のいずれも行っていない
15歳から34歳までの若者を指します。

似た言葉である失業者とは、働きたくても働くところがない人を指しますから、
中身はニートとは大違いです。

さらに、ニートのなかにも「絶対働きたくないけどお金欲しい」という
贅沢な考えをもった人がいます。

こうした人たちはすでに人生というの将棋で「王手詰み」がかかったのも同然です。
普通に考えれば、働かなければお金をもらうことはできないのです。
親のすねをかじるといった手もありますが、いずれ限界の時がきます。

 

ところが不思議なことに、何もしていないはずなのに
高い収入を得ている人たちがいます。俗にネオニートと呼ばれている人たちです。

彼等がいままでのニートと違うのは、
しっかりと自分なりの儲けの仕組みを確立している
ことです。

一種の自営業者ともいえなくはないですが、
表面的には働いている様子がないので、外部からはニートに見られるわけです。

 

そんなネオニートになるための方法としては、、ネットで稼ぐビジネスが王道です。
せどり、FX、アフィリエイト、ドロップシッピング、オークションなどが代表的なものです。

ニートとネオニートは違います。

もしあなたが「働きたくはないけどお金が欲しい」というのなら、
ネオニートとして独立し、会社に雇われない生き方を選ぶことをおすすめします。

退職代行のサービスもある

 

「今すぐ会社やめたい!」といっても、
やめたくてもやめられない事情があるかもしれません。

自分がやめたら会社に迷惑がかかるかもしれませんし、損害賠償を請求されるかもしれません。
また、上司に辞表を出すことも勇気がいるものです。

汐留パートナーズ法律事務所では、
弁護士があなたの代わりに退職手続きをおこなってくれます。

自分で辞表を出す必要もありませんし、
万が一、損害賠償を請求された時は弁護士が守ってくれます。

>>退職代行サービスの詳細はこちら

 

sponsored link