将来が不安! 仕事きついし、お金もない現状どうする?

sponsored link



自分の将来について不安を感じる人は多いようです。

政府は、「アベノミクス第三の矢として
『日本再興戦略』を策定し、
大胆かつスピードを持って成長戦略を実施しています」
と発表していますが、
アベノミクスの効果を実感している人は少ないです。

先行きは見えず、仕事がつらくてお金もない時代が来た

内閣府が行った「日本の未来に対する意識」の世論調査で、
50年後の日本の未来について尋ねたところ、

  • 明るいと思う 7.5%
  • どちらかといえば明るいと思う 25.7%
  • どちらかといえば暗いと思う 41.6%
  • 暗いと思う 18.5%

という結果になりました。

実に6割以上の人が、日本の将来について不安をもっているわけです。
日本の将来が不安である以上、自分の将来も不安であるのは当たり前ですね。

また仕事がきついし、お金もないというのも、
今日の労働環境・労働条件を調べてみれば当たり前のことだとわかります。

厚生労働省が2017年11月にブラックの疑いがある企業の
5,031事業場を重点監督したところ、
なんと3,718事業場(全体の73.9%)で労働基準関係法令の違反が見つかりました。

このうち3,495事業所に次の理由で是正勧告書が送付されました。

  • 違法な時間外労働があったもの 2,311事業場(45.9%)
  • 賃金不払残業があったもの 509事業場(10.1%)
  • 過重労働による健康障害防止措置が未実施のもの 675事業場(13.4%)

なかでも長時間残業は問題で、

  • 月100時間を超えるもの 799事業場(34.6%)
  • 月150時間を超えるもの 153事業場(6.6%)
  • 月200時間を超えるもの 38事業場(1.6%)

となっています。これは当然氷山の一角ですから、
仕事がきついと感じる人が多いのはもっともなことです。

また民間企業の平均年収は、平成9年の467万円をピークに右肩下がりを続け、
平成21年には406万円までダウン。
その後やや持ち直したものの依然として410万円程度で横ばいが続いています。

まさにいま、将来は不安で、仕事がきつい上にお金もない、という厳しい時代に突入しているのです。

そうなると残された道は、会社に雇われないという生き方だけ。

もちろんそのためには準備が必要です。

今最も稼ぎやすいインターネットビジネスなどに参入して
いまから別の収入を得る方法を考えてみるべきでしょう。

sponsored link