仕事を辞めたいと思ったら誰に相談すればいいのか

sponsored link



仕事を辞めたいと思った時に相談する相手として
インターネットで検索してみると、
上司や親、あるいは同僚、学生時代の恩師や
なかには転職エージェントなんていうのもあります。

誰に相談しても辞めたい心は変わらない

どれも一長一短ですね。
とくに最悪なのは上司に相談するというケース。

会社が嫌で仕事を辞めたいと思ったわけですから、
会社の代弁者である上司に相談したところで何の役にも立ちません。
むしろ敵に助けを求めるようなものです。
自分の場合、その上司が嫌な奴だからこそ会社を辞めたこともあったのですから間違いありません。

親に相談してみても心配をかけるだけ。
かえってそれが嫌で、黙って会社を辞めてしまったという知人もいます。

同僚に相談というのもあまりオススメできません。

小説“レッド・オクトーバーを追え”に
「秘密は知る人間の二乗に正比例して漏れていく」という表現があります。
相談すると、仕事を辞めたいという噂が広がる危険性が高いわけですね。

恩師や転職エージェント。
これは情報漏えい面では比較的安全かと思います。
ただ、どこまで自分の立場に立ってくれるかは微妙なところです。

あらゆる角度から検討して結論を出すべき

soudann-woman

ではどうするか?

結局のところ、自分で考え自分で結論を出すしかありません。

相談をしたいという時には、
すでに「条件や待遇がよほど変わらないかぎり辞めたい」と思っているわけですから、
退職に向けて背中を押してくれるような答えが欲しいはずです。

仕事を辞めたいと思うに至ったこちらの悩みを解決してくれるわけでもなく、
たんに「辞めないほうがいい!」といわれても納得出来ないでしょう。
そうなると自分の考えに合う人を探し続けるだけです。

もちろん自分で結論を出すにしても十分な準備が必要です。

まず自分の努力で居心地よく仕事ができるような環境に変えられないか?
自分にあった部署への配置転換は認められなさそうか?
昇進や昇給は期待できそうか?
仕事を辞めずにいられる条件をさまざまな角度から検討するのです。

それでもすべての可能性が閉ざされていたと思った時は、
別のところに自分だけの仕事を作っておくべきです。

そうすれば自分に対しても自信が持てるようになり、
仕事を辞めたいとは思わなくなるかもしれません。
また、本当に仕事を辞めるにしても新しい生活の受け皿にもなり得ます。

いずれにせよ即行動、即断即決。先んずれば人を制すことができるのです。

退職代行のサービスもある

 

「今すぐ会社やめたい!」といっても、
やめたくてもやめられない事情があるかもしれません。

自分がやめたら会社に迷惑がかかるかもしれませんし、損害賠償を請求されるかもしれません。
また、上司に辞表を出すことも勇気がいるものです。

汐留パートナーズ法律事務所では、
弁護士があなたの代わりに退職手続きをおこなってくれます。

自分で辞表を出す必要もありませんし、
万が一、損害賠償を請求された時は弁護士が守ってくれます。

>>退職代行サービスの詳細はこちら

 

sponsored link