仕事を辞めたい看護師へ。転職よりも良い方法とは?

看護師さんの給料が相対的に高いことは意外と知られていません。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査などによると、
2015年の看護師全体の平均年収は478万円、
一般労働者の平均は415万円ですから、
かなりの開きがありますね。

看護師が辞めたくなるのは当然の職場環境

それでも2013年に日本医療労働組合連合会が調査した結果では、
なんと75%の看護師が仕事を辞めたいという回答を寄せました。

主な理由は「慢性疲労」が74%「健康に不安」が60%、
中には「切迫流産」したからという看護師さんも3人に1人の割合でいます。

ではなぜそのような状況に追い込まれているのかといえば、
夜勤回数の増加、勤務時間間隔の短縮、
妊娠中の看護師さんでも夜勤免除がない
といった現状が改善されないからです。

また職場の人間関係に悩んでいることや、
セクハラ・パワハラを受けたからというケースもあります。
仕事を辞めたいと思うのも当然です。

要するに医療の現場に必要な人員確保が追いついていないし、
職場環境が旧態依然としているということですね。

これは労働人口が減少しているのに対し、超高齢化社会が進んでいること
、専門職であるために職場が閉鎖的であることも原因です。

新しいことにチャレンジして心の平和を取り戻す

relax-woman

これを嫌って看護師の仕事を辞めた人も当然います。
中にはケータイショップの店員さんに転身した人も…。

ところがこの人の場合、ホッとしたのもつかの間。
マニュアル通りの仕事や給料の安さが嫌になって、
介護施設での看護師の職に復帰したそうです。

かなりのブランクがあったこと、比較的ラクな介護施設での仕事に就けたのですから
二重の意味でラッキーですね。

看護師さんのように国家資格をもっていても、
一度仕事を辞めるとなかなか再就職できないのも事実。

ならばもう将来を見越して、看護師を辞める前にダブルワークで自衛するしかありません。

ただ看護師さんのように不規則な勤務ではなかなか定期的に時間をとるのはむずかしい。
そこでクローズアップされるのがインターネットを使った新しいビジネスです。

これならばパソコンさえあれば自分が好きなときに取り組むことができ、
相手の都合に合わせることも必要ありません。

仕事を辞めたいと一人思い悩むのではなく、
新たな生きがいとして取り組んでみてはいかがでしょうか?

>>看護師が副業で月収100万稼ぐ方法

 

sponsored link