国が定める、過労死の原因と対策

ほとんど知られていないことですが、
日本はILO(国際労働機関)が制定した
「労働時間(商業及事務所)1930年」をはじめ、
労働者保護のための労働基準条約の多くを批准
(確定的な同意手続き)していません。
もちろんそれは産業界の反対によるものです。

過労死を招く長時間労働が蔓延している背景には、
こうした日本社会の特殊構造があるのです。
「国が定める、過労死の原因と対策」の続きを読む…

過労死に至る前兆の症状(兆候)とは?

過労が直接の原因として死亡し
労災として認定された件数は、
2015年度で133件。
さらに過労からくる精神障害で自殺
もしくは自殺未遂を起こしたとして
労災認定された数は63件にのぼっています。

また厚生労働省の調査では、過労死ラインの残業100時間を超えた
企業は11.9%も存在しています。
実際にはもっと多数の過労死がおきているといっていいでしょう。

「過労死に至る前兆の症状(兆候)とは?」の続きを読む…

パワハラで仕事を辞めたいと思ったら辞めるべきか

東京海上日動リスクコンサルティングの調査によると、
過去3年間にパワハラを受けたと回答した
従業員は調査対象全体の25.3%。

この値が高いかどうかは別として、
調査のなかでパワハラを受けたと回答した
従業員の13.5%が会社を退職したと答えています。

つまりパワハラを受けた人の10人に1人以上が会社をやめている現状があるわけです。
「パワハラで仕事を辞めたいと思ったら辞めるべきか」の続きを読む…

パワハラが起きないための予防対策とは?

パワハラというのは実に困った問題です。
加害者に加害者意識がない、
被害者も被害者意識が低いという特徴があり、
なかなか表に出てきにくいのが現状です。

こうしらパワハラ問題に関してどのような対処法や対策が考えられるのでしょうか?
「パワハラが起きないための予防対策とは?」の続きを読む…

パワハラで強制退職? 過去の裁判例と慰謝料・損害賠償額

あなたがパワハラを受けて退職せざるを
得なったときにはどうしますか?
泣き寝入り?それとも損害賠償と
慰謝料を請求するために訴訟を起こしますか?

仮に訴訟を起こした場合、損害賠償額と
慰謝料はいったいいくらになるのか、
過去の判例から紐解いていきましょう。
「パワハラで強制退職? 過去の裁判例と慰謝料・損害賠償額」の続きを読む…

休日出勤や毎日の深夜まで残業ばかりで過労死した事例

厚生労働省による過労死ガイドラインを無視して、
休日出勤や毎日の深夜残業を強要して、
社員を過労死にまで追い込むブラック企業が後を絶ちません。

ここでは有名な過労死の事件を通して、
ブラック企業の実態を告発することにいたしましょう。
「休日出勤や毎日の深夜まで残業ばかりで過労死した事例」の続きを読む…