過労死に至る前兆の症状(兆候)とは?

過労が直接の原因として死亡し
労災として認定された件数は、
2015年度で133件。
さらに過労からくる精神障害で自殺
もしくは自殺未遂を起こしたとして
労災認定された数は63件にのぼっています。

また厚生労働省の調査では、過労死ラインの残業100時間を超えた
企業は11.9%も存在しています。
実際にはもっと多数の過労死がおきているといっていいでしょう。

「過労死に至る前兆の症状(兆候)とは?」の続きを読む…