過労死に至る前兆の症状(兆候)とは?

過労が直接の原因として死亡し
労災として認定された件数は、
2015年度で133件。
さらに過労からくる精神障害で自殺
もしくは自殺未遂を起こしたとして
労災認定された数は63件にのぼっています。

また厚生労働省の調査では、過労死ラインの残業100時間を超えた
企業は11.9%も存在しています。
実際にはもっと多数の過労死がおきているといっていいでしょう。

「過労死に至る前兆の症状(兆候)とは?」の続きを読む…

症状からみる、仕事のストレス度チェック診断

平成27年12月1日、労働安全衛生法に基づく
「ストレスチェック制度」が施行され、
労働者数50人以上の事業所に対して、
年1回以上の実施を義務づけ、
結果を労働基準監督署へ提出することを義務づけています。

サラリーマンの過酷な就労環境に対して
腰の重かった厚生労働省もようやく少し動いた感じです。
「症状からみる、仕事のストレス度チェック診断」の続きを読む…