国が定める、過労死の原因と対策

ほとんど知られていないことですが、
日本はILO(国際労働機関)が制定した
「労働時間(商業及事務所)1930年」をはじめ、
労働者保護のための労働基準条約の多くを批准
(確定的な同意手続き)していません。
もちろんそれは産業界の反対によるものです。

過労死を招く長時間労働が蔓延している背景には、
こうした日本社会の特殊構造があるのです。
「国が定める、過労死の原因と対策」の続きを読む…

過労死に至る前兆の症状(兆候)とは?

過労が直接の原因として死亡し
労災として認定された件数は、
2015年度で133件。
さらに過労からくる精神障害で自殺
もしくは自殺未遂を起こしたとして
労災認定された数は63件にのぼっています。

また厚生労働省の調査では、過労死ラインの残業100時間を超えた
企業は11.9%も存在しています。
実際にはもっと多数の過労死がおきているといっていいでしょう。

「過労死に至る前兆の症状(兆候)とは?」の続きを読む…

休日出勤や毎日の深夜まで残業ばかりで過労死した事例

厚生労働省による過労死ガイドラインを無視して、
休日出勤や毎日の深夜残業を強要して、
社員を過労死にまで追い込むブラック企業が後を絶ちません。

ここでは有名な過労死の事件を通して、
ブラック企業の実態を告発することにいたしましょう。
「休日出勤や毎日の深夜まで残業ばかりで過労死した事例」の続きを読む…